水産工学研究所トップページ組織について>施設紹介
漁港水理実験棟

【概 要】

 この実験施設には長さ100mの水路が2本あり、それぞれ大型造波水路、津波実験水路(H28年度改修)といいます。
 大型造波水路では、実海域で発生する不規則な波や津波を発生させて防波堤などの施設の安定性や機能を調べます。津波実験水路では津波を作用させて防波堤などの施設の安定性や機能を調べます。


【主要設備】

1.大型造波水路

水路本体 長さ100m×幅2m×深さ2m

造波装置 不規則波サーボ式
造波性能・・・周期1.0〜5.0秒、波高0〜60cm
2.津波実験水路

水路本体 長さ100m×幅1m×深さ1.5m

水中ポンプ 4m3/min

越流堰 電動ゲート式

(造波装置) (不規則波サーボ式)
(造波性能・・・周期1.5〜3.0秒、波高0〜30cm)

 


人工リーフの模型実験
 海の景観・生態系に配慮して、海面上に構造物が現れないように造られている人工リーフ(潜堤)の模型実験です。
 人工リーフのところで波が砕けることで、後ろの方へ波が伝わりにくくなっています。


戻る次へ
水産工学研究所トップページ組織について>施設紹介


水工研:漁港水理実験棟