国立研究開発法人 水産研究・教育機構 水産工学研究所

定置網におけるクロマグロ漁獲抑制の取り組み



 太平洋クロマグロ Thunnus orientalisの資源回復のために、各国が漁獲抑制に取り組んでいます。

 日本では漁法・地域ごとに漁獲量の上限を定めていますが、さまざまな魚が入網するのを待ち受けて
漁獲する定置網では、クロマグロだけを逃がす技術が必要です。

 そこで、水産工学研究所などが技術開発と実証に取り組んでいます。

  太平洋クロマグロ漁獲抑制対策支援事業

 平成29年度成果報告書

 ・平成30年度成果報告書(事業実施中です)

  関連する取り組み

  
  本事業では、先行して行われている下記の技術開発事業の成果を活用しています。
  (下記の各事業に関する東京海洋大学のプレスリリースはこちら)  

  • 課 題 名:定置網に入網したクロマグロ幼魚の放流技術の開発(結果概要はこちら)※(株)ホリエイHP
  • 事 業 名:平成26年度農林水産業の革新的技術緊急展開事業(農林水産省)
  • 実施機関:クロマグロ幼魚放流技術開発研究グループ(代表機関:東京海洋大学)
  • 課 題 名:定置網に入網したクロマグロ小型魚の選別・放流技術の開発
    (事業概要はこちらの課題番号28012Bに記載)
  • 事 業 名:平成28-29年度農林水産業・食品産業科学技術研究推進事業(農林水産省)
  •      平成30年度イノベーション創出強化研究推進事業(農林水産省)
  • 実施機関:クロマグロ小型魚選別放流技術研究開発コンソーシアム(代表機関:東京海洋大学)                    
         

  関連リンク

  
  くろまぐろの部屋(水産庁)


  • 【お問い合わせ窓口】
  • 国立研究開発法人水産研究・教育機構 水産工学研究所           
  • 漁業生産工学部 漁具・漁法グループ           
  • 〒314-0408 茨城県神栖市波崎7620-7 TEL:0479-44-5951 FAX:0479-44-6221