国立研究開発法人 水産研究・教育機構 水産工学研究所

漁港・漁場の施設の設計支援ツール公開
-設計実務の効率化に向けて-


 平成27年7月、水産庁は漁港・漁場の施設の設計体系を見直し、「漁港・漁場の施設の設計参考図書2015年版」を公表しました(※詳しくはこちらをご覧ください)

 同図書では、施設設計に係る波や流れ、波力などの新たな算定方法(性能照査手法)に加えて、東日本大震災を踏まえた地震・津波に関する新たな技術的知見が反映されています。

 
 水産工学研究所では、同図書の改訂作業を担当し、このたび関係者協力のもと、同図書に基づく設計を支援するプログラム(支援ツール)を作成しました。

 ・支援ツールの概要

 ・支援ツールダウンロードページへ 



(※上のリンク先ページを見るためには、ブラウザ上でPDF閲覧機能が適切に設定されている必要があります。詳しくは、こちらを参考にしてください。)



 本支援ツールが漁港・漁場関係者によって広く活用されることを期待しております。



問い合わせ先


 〒314-0408 茨城県神栖市波崎7620-7  
  国立研究開発法人水産研究・教育機構 水産工学研究所  

  
    水産土木工学部水産基盤グループ長
  大村 智宏
    
水産土木工学部水産基盤グループ   古市 尚基
    
    業務推進部業務推進課   
 
      
TEL(代表): 0479-44-5930
   FAX:0479-44-1875


 ※当研究所のウェブサイトでは同図書内で示された漁港施設の耐震性能照査に使用できるプログラムも公開しております。こちらもぜひご活用ください。
「漁港・漁場の施設の設計参考図書」による耐震性能の照査に使用できるプログラムおよび地震動波形データのページへ