「漁港・漁場の施設の設計参考図書」による耐震性能の照査に使用できるプログラムおよび地震動波形データ



 

水産庁は、従来の「漁港・漁場の施設の設計の手引」に代わる「漁港・漁場の施設の設計参考図書」を作成したことを平成277月に発表しました。
(水産庁ホームページ 
http://www.jfa.maff.go.jp/j/gyoko_gyozyo/g_thema/sub52.html参照)

 同図書では、漁港・漁場の施設の設計手法の性能規定化が図られ、「漁港・漁場の施設の設計の手引
2003年版)」以後の新たな技術的知見が反映されています。

同図書について、水産工学研究所では耐震性能・耐津波性能等の照査方法の改訂作業を担当しました。このたび、同図書による設計実務の円滑化を目的として、耐震性能照査の指標値である「設計水平震度」の新しい算出方法(周波数特性及び変形量を考慮に入れた“照査用震度”の算出方法)を実行する計算プログラムを作成し、本ページに掲載しましたので、下記をお読みいただきご活用ください。

なお本ページの後半には、耐震強化岸壁等の照査に用いるレベル2地震動のモデル波形データも掲載しましたので、こちらもご活用ください。

 

「漁港・漁場の施設の設計参考図書」による耐震性能の照査に使用できるプログラムおよび地震動波形データ



問い合わせ先

  〒314-0408 茨城県神栖市波崎7620-7  

  国立研究開発法人水産総合研究センター水産工学研究所 水産土木工学部 水産基盤グループ 佐伯 公康

   TEL.0479-44-5940 FAX.0479-44-1875