水産工学研究所トップページ組織について>施設紹介
波浪平面水槽実験棟

【概 要】

 広い水槽を使うことで波の動きを平面的に再現することができます。
 防波堤などの構造物の全体を再現した模型実験を行って波・流れの制御機能、漁船の出入港や係船が安全にできる漁港形状を調べます。


【主要設備】


平面水槽 60m×40m×深さ0.8m

造波装置 多方向不規則波造波装置(造波幅20.5m)
 造波装置:サーボ式
 造波性能・・・周期0.5〜4.0秒、波高0〜25cm
不規則波造波装置(造波幅10m)
 造波装置:サーボ式
 造波性能・・・周期0.5〜5.0秒、波高0〜32cm

観測台車 トラス式

貯水槽 容量790m3

給排水装置 1式

 

【実験風景】





海水導入工の模型実験

 防波堤で囲まれることが多い漁港の中は水の循環が悪いため汚くなりがちです。そこで波を流れに変換して海水を通すように工夫した海水導入工の実験を行っています。
防波堤の全体模型(写真左)に波が当たることで、色の付いた水が港内に流入している状況が分かります(写真右上)。


島式漁港の平面実験

 広い平面水槽を利用して漁港全体を模型で再現することで、計算ではわかりにくい漁港の周りでの波の動きなどを調べ、波を防ぐにはどこに防波堤を配置すればいいのかといった漁港整備の検討に役立てています。  

 


戻る次へ
水産工学研究所トップページ組織について>施設紹介


水工研:波浪平面水槽実験棟