新型漁具の対象と選定した魚種の鉛直分布層の確認

 

 

資料と方法

 

実証化試験では,成果2-1において選定された新型漁具の対象と考えられる生物,すなわち,一般的に海底から離れて分布すると考えられる生物を漁獲する実験を実施した。しかし,選定した種の中には,海底からより高い層までを掃過できる新型漁具を用いても漁獲が変わらなかったり,少なくなったりする種があった。この原因として,新型漁具と既存漁具の曳網速力や目合の相違が考えられた。しかし,こうした漁具に起因する原因以外に,選定した種が伊勢湾周辺において海底から離れて分布していたかを確認しておく必要がある。生物の遊泳層を調べる方法には,水中カメラや魚群探知機などによる観察や水深ロガーを生物に装着して記録を行う方法,そして各層において漁獲を行う方法などが考えられる。しかし,研究対象とする伊勢湾周辺は海水の透明度が良好でなく,水中カメラの使用には適さない。また,魚群探知機で観察するには種が多様で,得られた記録から種を特定するのは容易ではない。また,水深ロガーを装着するには対象生物が小さく,また,再捕の問題も生じる。そこで,選定種の鉛直分布を把握するための方法として漁獲実験による方法を選んだ。この方法は一般的にはフレームトロールなど,ある程度の定量性を持つ漁具をいくつかの層で曳網して,漁獲量の多寡から分布層を明らかにする。しかし,本研究で対象とする生物の分布層は海底から数mに過ぎず,また伊勢湾周辺の海域の水深も浅い。このような数mのスケールでの分布層の違いを調べるためには,フレームトロールなどの曳網層を精密に制御する必要があり,困難となる。そこで,網口から袋網までを上下2層に仕切った底びき網を製作し,上下の袋網における漁獲物の組成を比較することで伊勢湾周辺の生物の分布層を調べた。

この調査のために,既存の底びき網漁具とほぼ同じ構造の底びき網の身網を製作した。この身網の脇部の網の上下方向の目数が5:5となる位置に網口から身網後端にかけて仕切りとなる網地を縫合した。そして身網の後端には網口の上下に分かれて入網した生物が別々に保持されるように上下に2つの袋網を連結した。この漁具の概念図をFig. 1に示した。

この調査用漁具を用いて,伊勢湾内の実証試験と同じ漁場において20059月と11月に5回の曳網実験を行った。上下の袋網で漁獲された生物は別々に取り出し,種別に選別した後に重量と個体数を計測した。また,調査用漁具のグランドロープ,仕切り網の前端中央そしてヘッドロープの中央に自記式水深計(アレック電子,MDS-MkV/D,分解能0.05m,精度±1%FS)を取り付け一秒間隔で水深を記録して,同時刻におけるそれぞれの記録値の差を上下の網口の鉛直方向の開きを求めた。(Fig.1.)

 

 

結果と考察

 

9月に実施した3回の曳網において調査用漁具に取り付けた水深計の曳網中の記録から,グランドロープの水深値と仕切り網前端中央部の水深値の差から下側網口の高さを,グランドロープの水深値とヘッドロープ中央部の水深値の差から網全体の高さを求めてFig.2.に示した。このうち,漁具が曳網され始めてから25分間が経過した後から揚網されるまでの3回の曳網で約5700秒間の下網口の高さ(グランドロープから仕切り網中央部までの高さ)と上網口の高さ(仕切り網中央部からヘッドロープ中央部までの高さ)の平均値はそれぞれ,0.91 m(標準偏差0.08 m)0.82 m(標準偏差0.10 m)であった。すなわち下の袋網で保持された魚は網口において海底直上から鉛直方向に約0.9m離れた層に位置し,上の袋網で保持された魚は網口において海底から鉛直方向に約0.91.7mの層に位置していたことになる。

6回の曳網における漁獲結果を月別にTable 1に示した。これらの曳網では新型漁具の対象として選定した種のうち,9月の調査ではアジ類とイボダイが,11月の調査ではスズキが上下の比を漁獲できる程度の数,漁獲された。これらの種が上の袋網で保持された割合は,アジ類が0%,イボダイが100%であり,アジ類はほとんどが海底付近に,イボダイは海底から鉛直方向に0.9m以上離れた層に分布していたことになる。次にスズキが上の袋網で保持された割合は17%であり,スズキもアジ類と同様にどちらかといえば海底近くに分布していた可能性がある。この結果は実証化試験において,既存漁具よりも網高さが高くかつ海底との間に隙間を持つ新型漁具の漁獲が,スズキとアジ類で劣り,イボダイで増加したことの原因を明確に説明している。このように新型漁具の対象とした種の中には,一般的に知られている生活様式や形態的な特徴から海底から離れて分布すると想定したが,実際には伊勢湾周辺では海底近くに分布している可能性が高い種も存在することを示した。ただし,この考察には接近する漁具に対するそれぞれの種の反応行動を配慮していないので,今後,漁具に対する魚の行動を考慮する必要がある。

 

 

 

Fig.1. Schematic drawing of two-layer trawl net to study swimming layers of fish in Ise-bay. shows positions where depth-loggers were attached.

 

 

 

Fig.2. Heights of the head-rope and the separator panel from the footrope measured by depth-loggers in September 2005 in Ise-bay.

 

 

 

Table 1. Catch results

 

Upper layer

(weight, number)

Lower layer

(weight, number)

Capture rate at upper layer

(weight and number bases)

September 2005

アジ類Carangidae

イボダイPsenopsis anomala

 

0 g,  0

2080 g, 23

 

4802 g, 47

0 g,  0

 

0.00, 0.00

1.00, 1.00

November 2005

スズキLateolabrax japonicus

 

17.05 kg, 10

 

82.03 kg, 55

 

0.17, 0.15