独立行政法人 水産総合研究センター 水産工学研究所

水産工学研究所トップページ研究情報>施設紹介
水中探査
 
【水中探査について】
 水中探査とは、水の中での水産生物資源量、海洋環境、魚群の回遊行動など様々な水中情報を収集し解析することです。
 水工研では、主に水産資源量の正確及び効率的な情報収集を行うため超音波を利用した魚群探知機の開発研究や魚の生態行動を間近で観察できるよう海中ロボット等に搭載可能な小型観測機器の開発研究を行っています。
 また、海水の塩分濃度・水温及び海流の強さなどやプランクトンなど魚のエサになる海の生き物の分布量、あるいは魚群の回遊行動など海洋環境と海洋生物に関する様々な計測技術・解析方法を研究しています。そして、計測・解析できたデータの情報処理システムの開発にも取り組み、水産資源維持へも応用を図っています。



<水中探査のイメージ図>
 


戻る次へ
水産工学研究所トップページ研究情報>施設紹介


水工研:水中探査