独立行政法人 水産総合研究センター 水産工学研究所

水産工学研究所トップページ研究情報>施設紹介
災害防止施設
 

 日本の漁村や海岸はこれまで数々の災害に遭遇してきました。その主なものは、@台風などによる高潮と、A地震による津波です。
 昭和の時代には、伊勢湾台風、三陸大津波、チリ地震津波などの災害が相次ぎ多大な被害が発生しました。このような災害を教訓に、津波から人命や財産を守るため、護岸や防潮堤などの整備が進められてきました。
 また最近では自然環境に対する意識も高まっています。そのためこれらの施設も、災害を防ぐ機能を持ちつつも、環境や眺めを損なうことがないような形での施設づくりが求められています。

 防波堤を越える高潮

 台風により沈んだ船


 地震に強い漁港づくり
  大地震などの災害時には、船を使った物資の輸送に漁港が利用されます。そのため漁港の施設は地震に強くなくてはなりません。また液状化のおそれのある場所では、必要に応じて対策が必要になります。 

 耐震強化岸壁等を備えた防災拠点漁港
 

これからの海岸づくり
 最近では海岸の美しい眺めや環境に対する関心が高くなっています。これからの海岸整備はただ津波を防ぐだけでなく、環境にも配慮することが必要です。
 そこで最近ではきれいな海岸を損なわないように、水面から見えないように工夫された防波堤(潜堤または人工リーフといいます)や、海岸で遊びやすいように階段状になった堤防などが造られています。 
<今後の海岸整備等> 
 
緑地・親水機能を持たした防波堤、護岸

 
遊漁船等の利用にも配慮した一時係留施設

 


戻る次へ
水産工学研究所トップページ研究情報>施設紹介


水工研:災害防止施設